2021 私塾講座・季節講習 NEW!!

英語輪読のスタート
ミクロコスモス
2021 季節講習


英語輪読のスタート [50分×9 (予定)]
学習分野:解釈・読解
レベル:標準~発展

こんな人に
・英語をもっと深く知りたい、力をつけたい、興味の幅と奥行きを広げたい人
・授業は基本的な文法理解を前提に進めますので、これまでに習った文法事項を整理しておいてください。出来るところまで、で大丈夫。

内容
訳読中心の学習法を批判することは近年の流行です。しかし、批判者は新しい学習法として何を打ち出したでしょうか。
やさしい言葉の使い方こそ言語の基本の約束であって、そこから出発して文(章)を考えられるようになることが本当の解釈です。
そして、理数系の科目は才能さえあればどんどん先へ進めますが、言葉や社会に関する学問は、人間としての成長がないと、先へ進むといっても限度があることを、私も含めて、分かっていきたいと思います。
文法的にどう解釈するかという問題と、本当に大切なこと=イイタイコトを分かるということは、必ずしも同次元の問題ではないことを理解することも目標です。そのためには国語力も必須です。
(授業は基本的な読解力をつけることから始めたいと思います。予習の段階である程度分かっても、頭の中で納得するだけでなく(それではフィーリングの可能性があります)、しっかり考え、必ずペンをとって自分で解答を作成しましょう。現時点では一部の問題に対して全く歯が立たないと感じるかもしれません。その場合でも放棄するのではなく、最低限のことは考えた上でイイタイコトをつかもうとする、というような準備だけはして、授業に臨んでください。)
本当に分かるとは、どういうレンズを通して見ることなのかの自覚もないままでは、学習は空転するだけです。
ただ英語という言語を通して、より正確により深くものを考え、より深くものに感ずることが出来るようになることが、勉強のスタートだと思っています。

この講座を通じて、私たちの基本的な思考力が強化され、感受性が深められると同時に、それぞれの大学で勉強するために必要な英語の基礎学力も自然に身についてくることを期待しています。



開講が決まり次第お知らせします。来年かもしれません、もっと先かもしれません、開講されないかもしれません。まあ気長に


ミクロコスモス
学習分野:総合(英語に限らず)
レベル:基本~発展

・・・・・
準備講座 [50分×18 (予定)]
言語をつなぐ、教科の壁を越える、読解・思考・判断力をアップ → 夢を追う人に!

こんな人に
・1つの分野(科目)にとらわれない、学問に対する本質的な姿勢を秘めている人
・夢を叶えるために努力を惜しまない人なら、誰でも歓迎します。

内容
何を読み取ればよいのか。― 高校や大学の勉強では何が求められている(た)のか、何を答えたら正解とされる(た)のか。
表面的・感覚的に解った気になっていても、何も生まれません。新たな思考のつながりを経験し、論理的思考に基づき、これからの様々な「課題」に対応できる力を養いましょう。
♤「読解力」は誰にとっても生涯にわたって、そして今後の社会において、とても必要とされる力です。
♡読解力の飛躍は思考力しだい。英語と現代文はつながります。現代文はリアルな生活で一生役立つ思考力を身につける科目です。だからこそ現代文の基本をしっかりと理解してほしい。
♧もちろん思考力を養うことは大切ですが、現代文が疎かだと、コミュニケーションもうまくいかないでしょう。まずは国語力がなけりゃあはじまらない。
♢全教科の基礎となる現代文で、読解力・思考力・判断力の基礎を築きましょう。そうすると数学がつながります。
立体的で俯瞰的な思考の世界を広げ、総合的な学習を通して、限界を突破したい。今だからできる問題設定を、ここに共有し、来年以降の飛躍はもちろん、学問全分野(全科目)での飛躍のためのきっかけとします。
今度は音楽。音楽は語学に通じます。音も構成も感動も。・・・
必ずあなたの中に眠っています。
さあ、まだ見ぬ世界へ!

まずは、英・数・国に通底する思考の基礎を深く捉えます。
高く遠くにまで届こうとする志をもって、分野横断のパスポートを手に入れましょう!
成長のきっかけをつかめることを願っています。

・・・・・
本編 <序章> [50分×27 (予定)]
4年後にひらく、宇宙への扉

こんな人に
・1つの分野(科目)にとらわれない、学問に対する本質的な姿勢を秘めている人
・夢を叶えるために努力を惜しまない人なら、誰でも歓迎します。

内容
響き合う英語、つながりゆく世界。― 運命的な出会いだった。感動した。涙した。笑った…こんなことが起こるのは、誰もがそれぞれに時代の風を感じているから。壁を吹き抜ける風を感じる時間を持ちたい。その時の感じたこと、ただそれだけ。
困難の中で、生き物は協力する術を身につけていく。学び考えるための道筋を1つ増やしていきたい。

1.勉強の道しるべ-読み方と調べ方-
英文を素材にして、英語の読み方と調べ方についてのお話をします。ついでに楽しみ方の話になるでしょう。内容的に関連があって、長めと短めのコントラストになっていて、内容的にも形式的にも興味深い文章を重ね合わせつつ授業展開していきます。様々な興味関心の方向、様々なレベルへの応用・展開が可能です。学びの道を開拓します。

2.認知科学、人類学、科学論…
大学の授業科目案内ではありません。英文で(そして他の分野(科目)でも)興味深いもののほんの一部です。素敵なanthologyを提供してくれています。とても心地よいものです。話題にするのは、最新の著作物だけではありません。受け継いでおきたい書物も扱います。すぐに役立つもの、すぐには役立ちそうもないものまで、視野に入れていきます。(音楽とか日本語の作文技術とか、さまざまに。)

3.英語がひらく各分野(科目)への扉、宇宙への扉
rhythm「リズム」やbicycle「自転車」といった英語は、身近なのに不思議な綴りをしています。でも、そういう単語こそ、光の当て方次第で予想外のつながりが見えてきます。様々な分野(科目)に出てくる表現がつながり、身の回りの色々な言葉遣いがつながってきます。次のように言い換えてもよいでしょう。ピカソの絵の中にドラクロワやベラスケスの構図が見えたり、ビートルズを聴きながらバロックの響きが聞こえたりするのと同じように、私たちは単語の中に歴史の重層性を感じ取っています。そんな想像力の翼を広げる体験を共有するのが、目標です。

本当に大切なことは何か考えたい。

たとえ忘れていても、感動を通じていったん意識の底に沈めたものが、無意識の世界からも完全に消滅することなど決してない。自分では忘れてしまったと思っているものの積み重ねが、未来に対する僕らの姿勢を作るのさ。

序章

第1章

第2章

第3章

第4章

最終章 -マクロコスモス-



開講が決まり次第お知らせします。来年かもしれません、もっと先かもしれません、開講されないかもしれません。まあ気長に


2021 季節講習
-今の自分の学力と課題を明確にし、これからの飛躍につなげよう!-

こんな人に
・英語を「本当にわかる」ようになりたい人
・勉強は頻出問題を集めた問題集を解くことだと思っている人
・英語が苦手な人、好きになりたい人
・学びの深遠に迫り、一歩抜け出したい人
・現時点の成績は関係ありません。情熱とやる気が参加資格です。
・意欲のある他学年のみなさんの参加も歓迎します。

内容
前期までの学習内容も適宜復習しつつ、既習事項を確認しながら未習事項を学習し、この時期に習得しておきたい重要項目についてきちんと「理解」を深めていきます。
みなさんの志望大学の過去問題を使いながら、将来的な英語力のためにも、英語の勉強法から細部まで、基礎から丁寧に講義します。
「言葉は自然現象ではない。親がなくても子は育つし、リンゴは放置しておいても木から落ちるが、言葉は教え(習わ)なければ習得不可能なのである。」と言います。
演習を繰り返していて学力が伸びないのは必然です。本当に大切なことに気づけば、高度な学力を身につけるのは難しいことではありません。
季節講習は、高校できちんと学ぶ機会が少なくなってしまった「英文法」を中心に学習します。
文法問題を解くために文法を学ぶのではなく、正しく解釈・読解・作文をする上で必須となる文法をしっかりと学びます。

文法を制するものは語学を制する!
大学入試はもちろん、その先も続く言語学習の土台を確固たるものにするため、一生モノの勉強をしましょう!

講座一覧

・・・・・
英文法 Revolution [50分×18]
英文解釈・読解・英作文、全ての英語学習の基礎=大切なこと(国公立・私立 文理共通)
学習分野:文法・構文
レベル:標準~発展
推奨学年:高3・高卒

英文法はすべての英語学習の根になるものです。さまざまな学習分野への踏み切り板になるように厳選した問題(上位私大~早慶上智大の過去問題)を解きながら、国公立大を含むどんな英文・問題にも適応できる力を養成します。
本質を追究して学んだ力は、英文解釈や長文読解、英作文にも必ず役立つものとなるはずです。
「暗記」ではなく「理解」することによって本当の英語力を身につけましょう。
夏に必須の実力錬成講座です。

◆横浜会場
① 7月10日(土)~7月12日(月) 13:30~16:20 , 7月15日(木)~7月17日(土) 13:30~16:20(八洲学園大学)
② 調整中
※①・②は同内容です。

・・・・・
英文法 Revolution<県相56期Ver.> [50分×6]
英文解釈・読解・英作文、全ての英語学習の基礎=大切なこと(国公立・私立 文理共通)
学習分野:文法
レベル:標準~発展
推奨学年:高3

上記「英文法 Revolution」の、県立相模原高校56期生用の講座です。
昨年度の英語表現Ⅱでは扱えなかったテーマを中心に扱います。
(県立相模原高校以外のみなさんの参加も歓迎します。)

◆相模原・町田会場
・ 8月2日(月)10:00~16:20(杜のホールはしもと)
→ 9月3日(金) 10:00~19:20(杜のホールはしもと) [50分×9]に変更し、「英語 特別講座」として実施します。

大学入試に出るというだけで、文法と熟語の区別もないまま雑然と集めた問題を、相互の関連も意識せずに解いていては進歩はありません。
ゆっくり読んでも分からない文章を、速く読もうとしても学習は空回りするだけです。正確な読みに支えられて、初めて多読が生きるのです。
与えられた英文は「こういう意味らしい、たぶんこういう意味だろう」ではなく、英語である以上「これ以外の解釈はあり得ない」とする自信を持った読み方ができるようになること、それが英語の仕組みが「見える」ということです。

・・・・・
英文法 Revolution -完成編- [50分×18]
英文解釈・読解・英作文、全ての英語学習の基礎=大切なこと(国公立・私立 文理共通)
学習分野:文法・構文
レベル:標準~発展
推奨学年:高3・高卒

全ての英語学習の土台を徹底的に学ぶ基幹講座のPart2-完成編-です。これまで同様、理解することで、英語の総合力をさらに一段高めます。
-完成編-では難度を一つ上げ、頻出のテーマ・問題に取り組み、さらなる実力の向上を目指しましょう。
ここで身につけた英語の力は、他大学の問題にも活かせるはずです。
前回講座の受講の有無は全く関係ありませんが、情熱とやる気が受講資格です。

◆横浜会場
① 9月5日(日)~9月10日(金) 13:30~16:20(八洲学園大学)
② 調整中
※①・②は同内容です。

・・・・・
楽しくしっかり学ぶ英作文 [50分×9]
頻出英作文入試問題と盲点の克服(国公立・私立 文理共通)
学習分野:作文
レベル:標準~発展
推奨学年:高3・高卒

大学入試には頻出のパターンがあり、英作文は限られた範囲から繰り返し出題されます。その中で重要かつ盲点となるテーマ(皆さんの誤解が多いもの)を扱います。また、教科書には載らないが入試で頻出の(=大切な)内容もここで補完します。
夏のこの時期、志望大学で英作文が出題されるか否かは関係ありません。「覚える」から「考える」に発想を変え、単なる記憶ではない本質的な理解を目指します。
合格点をとることはもちろん、書く楽しさを味わいましょう。

◆相模原・町田会場
・ 8月13日(金) 10:00~19:20(杜のホールはしもと)
→ 9月4日(土) 13:30~19:20(杜のホールはしもと) [50分×6]に変更して実施します。
◆横浜会場
① 7月23日(金) 09:20~18:40(八洲学園大学)
② 調整中
※①・②は同内容です。

・・・・・
英語入試問題研究 [50分×9]
身につけた文法力を英文解釈・読解へ ―正しく読むとはどういうことか(国公立・私立 文理共通)
学習分野:文法・読解
レベル:基本~発展
推奨学年:高2・高3・高卒

実際の入試問題を素材として、今後どのような指針で学習すべきかを確認していきます。
これまでなんとなく英文を読み、設問に答えてきた人に対し、大学合格に向けてきちんとした語学的知識と論理的読解法を身につければ、読み、解けることを示します。また、英語学習全般に対する間違った認識を正すことも狙いとします。
この講座を通じて、フィーリングではなく文構造の正確な理解に基づく読解力の養成に必要なことを学びましょう。

◆横浜会場
・ 9月11日(土) 10:00~16:20(八洲学園大学) [50分×6]に変更して実施します。


受講料
・50分×6の講座:11,000円
・50分×9の講座:16,500円
・50分×18の講座:33,000円
・50分×27の講座:49,500円
※1講座あたりの金額です。
※受講料には消費税・教材費・施設費などを含みます。

申込方法
下記アドレスに、希望講座・在卒高校/大学名(学年)・氏名・電話番号(携帯可)をメールしてください。
:moushikomi@tokutsu.jp

◇確認後、受講までの流れをご案内します。
◇申込は先着順で、各講座の開講初日7日前17:00までメールの受信順に受け付けます。



2021 春のイベント「英語の基礎」(終了)
-正しい学習法を身につけ、きちんと英語に向き合おう!-

※無料・要申込

こんな人に
・新しい1年の英語学習の手がかりをつかみたい人
・英語をどのように学ぼうかと思っている人
・英語を学びたいと考えている高校生以上の人なら、誰でも歓迎します。

内容
「英語」を学ぶ上での「基礎(=大切なこと)」を確認し、文法・解釈・読解の学習法、英語に向き合う際の頭の働かせ方を学びます。
英語をもっと深く学びたい人はもちろん、英語は苦手で一からやり直したいと考えている人も、今後の英語学習を成功させるために、年度の始まりのこの時期に正しい学習法を身につけましょう。

・・・・・

解答と訳例


ウ expecting → expected
「現在私たちが抱える最も重大な経済問題は、すさまじい、巨額の連邦財政赤字と今後数年間で予想される赤字である」
ポイント:分詞の判別(働き、名詞の後置修飾、意味上の主述関係)
レベル:標準


エ which → that
「今日、もしカレンダーがなかったら、ほんの少数の活動を例として挙げれば、たとえば試験、コンサート、レース、パーティー、そしてサッカーの試合などは、指定日に参加者全員が姿を現すという期待を持って、数日以上前に計画することはできないだろう」
ポイント:that節の判別(働き、同格のthat、完全か不完全か、予測と修正)
レベル:標準~発展


「今は退屈に思えたり、難しく思えたりする本が、あなたが知的にもっと成熟すると、理解しやすく、読んでとても面白いとわかることがよくある」
ポイント:文型の理解(句と節、第2文型)
レベル:基本

「警察で彼がバッグを持っていたのを最後に覚えている時から、それをなくしたのに気づくまでの間、どこにいて、何をしたかを詳しく繰り返し述べるのに2、3時間かかった」
ポイント:英語を型で捉えること(spend+О+-ing、第5文型)
レベル:基本

以上は、情報構造は無視した訳例です。
情報構造の考え方は実際の授業で学んでいきましょう。


※上記は予定であり、変更することがあります。