共に学んだみなさんへ

横浜平沼高校のみなさん

短い期間ではありましたが、ありがとうございました。
みなさんと学べたことを嬉しく思います。

119期のみなさんは、これから2年生、3年生に進級され、様々な先生に習い、様々な本に出会い、時に異なった解釈を学ぶこともあると思います。
「ある人はこう言っている、別の人はこう言っている、また別の本にはこう書いてある・・・」そのような時に「では、果たして真理はどうなっているのだろうか?」と考えること、そこから勉強は始まります。
その人や本が必ずしも正しいとは限りません。それぞれから真摯に学び、みなさんご自身の答えを探し求めることを、是非続けていってください。それこそが本当の意味での勉強です。
117期で大学進学されるみなさんは、大学で学ぶとはそういうことです。
答えは与えられるものではなく、自ら導き出すものです。

学習においてはどんなことも、みなさんご自身が「納得をして」「自分のものにして」先へ進めるようにしていくことが大切です。
課題に取り組むと様々な疑問点が出てくるでしょうが、学習は自分の疑問点を明確にすることから始まります。その疑問点を大切にして、学校再開後の授業に臨んでください。

これからも共に成長できればと思います。
みなさんの2年後、4年後、そのもっと先を楽しみに、私も勉強に励みます。

最後になりますが、世の中は色々と大変です。
ご自分で身体を守りながら、順番に、徐々に徐々に、できる時にできる事をやるということで進めていかれたらと思います。
どうぞ体調には十分お気をつけください。